坊主抜刀術

日本刀を鞘に収めた状態で帯刀し、鞘から抜き放つ動作で一撃を加えるか相手の攻撃を受け流し、二の太刀で相手にとどめを刺す形、技術を中心に構成された武術である。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category スポンサー広告
edit

横山神の軌跡 part1

突然の訃報に接し、言葉を失っております。
正直、実感がなく信じられないません。
ご生前の笑顔ばかりが思い出され、胸が痛みます。
ご家族皆様方のお悲しみをお察し申しあげますとともに、謹んで故人のご冥福をお祈りいたします。


私は彼の軌跡を残すべく執筆する次第でございます。
何卒、お付き合い願いたい。


思えば彼と出会うのはいつも戦場であった。
私が一兵卒だった時、彼は私が所属するチーム内で凄腕スナイパーとして雇われていた。
「ニューハナタン」そう彼は呼ばれていた。
その意味を聞くなんて一兵卒の私が聞ける訳がないので、この疑問は一生解決する事はなくなってしまった。
常にリスクを負わない立ち回りをし、時にはジャンプしながら敵を仕留める様は今でも記憶に新しい。
私は彼を心から尊敬し、この身を捧げる覚悟で彼についていった。
傭兵契約が切れ、彼は自らのチームを作りそのメンバーに私を加えてくれた。
ここが彼と私の人生の分岐点だったのかもしれない。
新たなチームで私はAVA界に舞い降りた天才kenzaki氏に出会う。
メンバーが集まらなく、いつも3-3をして楽しんでいた。
毎日が新鮮でとても勉強になった。この時から射撃能力が飛躍的に向上した。
しかし、そんな日々は長く続かずkenzaki氏は仕事を辞めて失踪してしまった。
当時勤めていたクロネコヤマトは猫アレルギーなので辞めますと一言残して辞めたと後ほど聞いた。
この時から「ニューハナタン」は壊れてしまった。
親友の一人であるkenzaki氏が仕事を辞めたと聞いて心配するあまり精神疾患を患った。
そして、何を思ったのか自らを「マスパ」と名乗り始めた。
それは日が経つほど顕著に現れ始めた。

最初に始まった異常行動は病院で精神病と診断されてすぐ起きた。
急に叫び始めて全速力で外に走って行った数分後、マスパ氏は帰宅した。
どうやら、コンビニに行ってたらしく片手には牛タン弁当を持っていた。
私は一先ず安心し、袋の中身を確認しながら「箸はいらないのですか?」と聞いた。
そうすると豆鉄砲を食らったような顔で「いらん」と返ってきた。
私は大胆な人だなと思ってる間にマスパ氏は牛タン弁当の蓋を開けて止まった。
「どうしたんですか?」と聞いた。
「いや、ディスプレイが汚れてる」とマスパ氏は言ってすぐに弁当から一枚の牛タンを取り出し「タンシオ タンシオ タンシオ」と小さく小刻みに呟きながらディスプレイを拭き始めた。
私はそんな彼の異常行動に恐怖し、しばらくは動けなかった。
スポンサーサイト
category 雑談
comment

0

trackback

0

edit

ザ・プロフェッショナル ワークの流儀

日々進化を続ける「BEN」
常に最先端の技術に挑戦し続けるその先には、一体どんな結果が待ち受けているのか?

歓喜 悲哀 憤怒 後悔
個性的なメンバーに支えられたクランは今、大きな局面を迎えようとしていた。
果たしてBENは、この危機を乗り越えることができるのか?

「ザ・プロフェッショナル ワークの流儀 AVA Clan BEN」
11月27日 21:00 から静岡放送局より放送決定(DNeoブログより引用)






category 雑談
comment

0

trackback

1

edit

マーク・コールマン

本日、ケメズコーポレーションよりBENのクランマークの制作が完了したと連絡帳に書いてあった。
いち早く皆に伝えるべく、今ここで発表する。


A-00200.jpg
ケメズコーポレーションは1万を超えるクリエイターやデザイナーを雇い総額30兆円という莫大な金額を投じた。お互い密に連携を取り、我々の1億を超える要望を参考に我々のイメージに近いと思われる物を5年に渡ってひたすら作り上げたケメズコーポレーション、最終的にその中から厳選した50個の中からこの「19番目の天使」を我々が選定した。
このマークの意味や歴史、舞台裏などはここでは情報量が膨大すぎて残念ながら伝えらきれない。
その為、クランマークの制作と並行してそれをまとめた一冊の本を書き、ケメズ文庫より出版を依頼した。
そして、今ここでクランマークの発表と同時にこの本の出版をする事を宣言する。


少しでも興味を持ってもらう為に少しだけ本の内容をお話しよう。
このクランマークの太陽と鯖のサン・シーマニアン
花言葉は繁栄・コミュニケーション。



実はモデルが存在する。
そのモデルとはモンスターファーム2(通称MF2)で二大陸対抗戦Sランクに登場するアキレール
最上位技を取得してないにも関わらず圧倒的ステータスでブリーダーに敗北の二文字を与えてくれる。
敗北を求むブリーダー共を次々に倒し、初めての敗北による充足感からか次々と敗北者が死ぬという事件が後を絶たく一時は社会問題にまでなった。
それが原因で運営に消去され闇に葬られたアキノール。
技よりも武で圧倒するその強さから、いつしか「MF2のラスボス」というポジションに収まり、
そのカリスマからか、いつのまにか「神」と呼ばれるようになった。
武が己に全てを捧げるのではない、 武に全てを捧げるのだ。(愚地独歩)
技(連携)などいらぬ、力(AIM)が全てを制す。力が合わさりそれが技となっていく。『我々の間にはチームプレーなどという都合のよい言い訳は存在せん。 あるとすれば、スタンドプレーから生じるチームワークだけだ。』という我々の経営理念に繋がっていく。



西暦21XX年、地球人類はエネルギー問題の深刻化から宇宙に生活圏を広げ、地球周辺に非人口衛星「月」を中心としたスペースコロニー群が建設された。
さらに、人類の移住先確保のため木星まで進出し、植民地とした。
激戦・第一次宇宙戦争で死滅したかと思われた惑星「Kawamura」に生息するポケメットモンスターが突如現れ、わずか半年で地球は占拠されてしまう。
地球に総人口の半分の150億人が半年で奴隷となる道を選ぶか死を選ぶかに迫られていた。
生き残った者達は悲しみ、憎み、怒りと様々だったが共通する事は皆、繁栄を願っていた。
そして、我々BENの役目はポケメットモンスターの掃討と地球の奪還。
僅か10名ほどの少数精鋭だが、個々の圧倒的武力をもって、敵戦力を完全に駆逐していく。
そういう意味をこのクランマークに込めた。
これより、このクランマークを背負って我々は魔境(地球)へ進軍する。



余談だが、このクランマーク1つの制作に連日徹夜で5年もの開発時間を費やした(後に空白の5年間と呼ばれる)。これが終わったあとKENZAKI氏は何かに怯え出しすぐに就職に就いた。
ちなみに、神奈川県にあるゴミ立て地の島で強制労働させられている。




category 雑談
comment

0

trackback

0

edit

G.O.D The Lethal War

G.O.D RETURN (Greate Ota Dream Return)の前作
G.O.D The Lethal War
2004年にケメズコーポレーションから発売されたPlayStation用シューティングゲーム。
ソフト価格 6800円
オリジナルサウンドトラック付き 9800円
詳しくはDNeoさんのブログ





G.O.D The Lethal War (Greate Ota Dream The Lethal War)

PlayStation用一人称シューティングゲーム
風のケメノア、スターダスト・ケメ、ケメノトリガーなど数多くのゲームソフトを手がけてきたKCソフトより、2004年に満を持して発売された意欲作である。
不振に終わったメタルギア・ケメの反省点を生かし、シンプルなゲームシステムになっている。
全世界累計880万本の売り上げ、2005年メディア芸術祭・最優秀ゲーム賞受賞。
キャッチフレーズは「人類(ゲーム)は重力から開放される!」

--------------------------------------------------------------------------------

個性的なシステム

オンラインネット対戦
ダイヤルアップ通信によるオンラインネット対戦機能を搭載している。
しかし、PlayStationには備え付けのネット機能はないので、KCから販売されている「ケメノルータ」を購入する必要がある。

パーティシステム
友達になった仲間とパーティを組むことができる。
「ねぇ入れてよ」と言われたら素直に入れてあげよう。

リアルデジタライズ
KCより販売されている「FPSグローブ」を繋げると、実際の手の動きがそのままゲームに反映されるようになる。

たんしおシステム
ディスクを読み取るところにたん塩をかざすとステータスに変化が現れる。
ステータスの変動値はたん塩の品質や種類によって変化する。

--------------------------------------------------------------------------------

ストーリー
西暦2140年、エネルギーの枯渇が深刻化した地球では、ルナ(月)を目指すべく人類総出で宇宙開発に乗り出していた。
ところが月の環境下で人間が生き抜くためには遺伝子レベルの肉体強化が必要であった。
困難に直面した人類だが、とある科学者「オータム・ゴッド」がケメと呼ばれる特殊な”生物”を生み出すことに成功する。
技術転用のため様々な実験に乗り出す人類だが、それこそが破滅への始まりであった・・。

--------------------------------------------------------------------------------

主要キャラクター

横山・慎(Yokoyama Shin)
オータムの下で研究を行う32歳の男。
ケメの危険性を訴え続けるが、政府によって黙殺されてしまう。
アンチケメ兵器「ケメリオン」を密かに開発している。

木村秀雄(Kimura Hideo)
単位を落とし続ける大学生。
あまりに凄まじいので「ステイシス」というあだ名を付けられる。
バイト先の松屋でケメについて妙な噂を耳にする。

チョイス・GTZ(Choice GTZ)
地球連合軍(旧国連軍)が所有する対惑星破壊兵器。
大柄な男性ほどの大きさしかないが、その破壊力は核兵器をも凌ぐ。
開発者のミスで顔が臭い。

太田弘毅(Ota Kouki)
イケメン・高学歴というステータスを持ちながら、虚無感に苛まれている高校生。
刺激を求めて街を徘徊していると、ある薬物実験のアルバイトを紹介される。
実は遠縁ながらオータムとの血縁関係にあり、ケメズウォーのキーを握る人物である。

小林大地(Kobayashi Daichi)
大恩寺高校に通う出席番号5番。
オカルトマニアでケメについて情報を集めまくっている。
某軍事スレよりケメラボのアクセスパスを入手し、アクセスを試みるが・・・。

マスター剣崎(Master Kenzaki)
地球連合軍宇宙艦隊の総司令官。
最終戦争ケメズウォーでケメとの壮絶な戦いを繰り広げる。
「ワーク(殺し)が楽しくて仕方がない」という名言を残している。

住之江大樹(Suminoe Daiki)
横山の同僚である研究員、32歳。
オータムに義父を寝取られた過去を持ち、密かに復讐を計画している。
見た目はオヤジ・頭脳もオヤジ。
category 雑談
comment

0

trackback

0

edit

G.O.D Greate Ota Dream RETURN

待望の新作G.O.D RETURN (Greate Ota Dream Return)がついに完成した。
ケメプラス運営ブログを見てサウンドカードの購入を考えている方もう少し待ってはくれないだろうか?
6800円という普通のゲームと同じくらいの値段でなおかつ風俗より安い。
これを世間に公開したという事は私達はもう後戻りはできない。
この勇姿をしかと目に焼けつけて欲しい。







G.O.D RETURN (Greate Ota Dream Return)

PlayStation用一人称シューティングゲーム。
G.O.D LETHAL WARの続編として、2006年からケメズコーポレーションより発売された。
全世界累計1500万本の売上、ギネスブックに認定されている他、国内外で多数の賞をもつ。
キャッチフレーズは「新感覚浮遊体験」

--------------------------------------------------------------------------------

新システム
G.O.D LWより新たに加わった代表的なシステムの紹介

オタグレシステム
オータムグレネードと呼ばれる爆弾を足元で爆発させ、その爆風で空中を飛び回る。
G.O.Dの醍醐味としてその斬新な発想は評価が高い。

エキゾチックマニューバ
オータムグレネードの投擲制限と速度制限を解放するスキル。
使い続けるとヘイトと呼ばれる脅威度が上がり、一定の値を超えるとゲームオーバーになる。

DDシステム
データデコイとしてマップ上にAI「リャフカ」を無制限に配置できる。
自分がピンチになるとDDに篭る機能を持つ。


--------------------------------------------------------------------------------

ストーリー 西暦2174年、地球連合軍はプラネット「Kawamura」に残った最後のポケメットモンスター「Naoki」の討伐に向かっていた。
しかし突然の通信遮断から一転、連合軍は壊滅的被害を受ける。
状況が分からないまま出撃した主人公シンは、火星上空で撃墜されてしまう。
何とか基地まで戻るシンだが、目の前の光景に言葉を失った。
一体宇宙で何が起きているのか…?


--------------------------------------------------------------------------------

キャラクター紹介

シン・サイドマウンテン
連合軍所属のフレームランナー。
温厚な性格だが、負の記憶「ステイシスイヤー」に苦難を抱いている。32歳。

オータム・ゴッドサン
大科学者オータムの息子。18歳という多感な時期を宇宙を旅して過ごす。
途中、不運にも戦闘に巻き込まれて行く。

ダイチ・ビッグウッド
大恩寺高校2年生。マザー生まれのマザー育ち。ある人物を追いかけ宇宙を目指している。

シンタム・ソードマン
スペース1のジョイナーとして名高い。
その天才的な頭脳はさながら宇宙人と表されている。

ハイド・ザ・スタンピード
連合軍空母「ドリーム」の清掃員。
実はマザーからのスパイであり、ゴッドサンを監視している。



DNeoさんのブログ「剣崎様に花束を」よりほぼ全て抜粋
category 雑談
comment

0

trackback

0

edit
カウンター
 
twitter
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
 
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。