坊主抜刀術

日本刀を鞘に収めた状態で帯刀し、鞘から抜き放つ動作で一撃を加えるか相手の攻撃を受け流し、二の太刀で相手にとどめを刺す形、技術を中心に構成された武術である。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category スポンサー広告
edit

新宿バチ公前

ぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱからぱから
一歩ずつゆっくりと確実に干し草を踏む足音がこちらに近づいてくる。
完全に統制されてはいない、生き物ならではのリズムで。
死にたくない死にたくない死にたくない死にたくない死にたくない死にたくない死にたくない死にたくない死にたくない死にたくない死にたくない死にたくない死にたくない死にたくない死にたくない死にたくない死にたくない死にたくない死にたくない死にたくない死にたくない死にたくない死にたくない死にたくない死にたくない
俺のセコムが脳内から強制排除を促すのも頷ける凶悪なテロリズム。
味わう機会も滅多にないであろう壮絶な恐怖によって異常をきたしはじめる身体。
死とは、不可能とはどういうものかをバチ公は悟った。
そして、何を思ったのか目を瞑りながら右手で股間をシゴき感じた。
全身に浴びているのは仲間の血液。
生きているのは私一人だけ。
つい先程まで見ていたのは、ローブで顔を隠した人型の新生物たちに蛍光灯のようなもので滅多打ちにされていた光景。
それらは紛れもなく絶望そのものだ。朝の陽光のように、或いは夕暮れと宵闇の僅かな間のように、穏やかに染み入って、心を塗り潰すのだ。
バチ公は決心した。右手の動きを緩め左手にUAVを構えた。
「サンショウオかかってこいよ…」とゆっくりと目を開けて蚊の鳴くような声で呟いた。
と同時に目の前のタンスの扉が開いた。



気づいていたよ烈海王。
私こそが敗北者だったのだ
勝利に彩られていたハズの
この人生が

その実 暗黒に満ち――――――――――………ッ


ガッシャアアアアアアアアアアアアアアアアン!!


ジャダイケメ
バチ公が最後に見た光景
後、ジェダイケメと呼ばれた。


「尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏尊氏」


帰依された。


※ジェダイケメとは惑星「kawamura」に住んでいる戦闘民族に酷似している。
宇宙人ケメ

惑星「kawamura」の戦闘民族
川村天地大明神の管を通して亜空間移動したとチーフマネージャーの加藤率いる横山研究所は発表した。


その後、UAVを撮った功績が認められバチ公は死後に佐藤真柄左衛門賞を受賞した。
また、新宿ではバチ公の銅像が作られた。
スポンサーサイト

category 雑談
comment

0

trackback

0

edit

Comments



カウンター
 
twitter
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
 
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。